読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A-yoshiki'sブログ

~言葉の種まき~

私は、転職して本当によかったですよ! ~転職のススメ~

昨年の6月に転職してから、そろそろ1年になります。

給料は下がりましたが、充実した毎日を送っています。

本当に転職してよかったです。

 

<よかったこと その1>

「仲間が素晴らしい!」

同じ目標を共有しながら、チームとして仕事ができるようになりました。

以前の職場は、大きくて古い組織で、出る杭は打たれるようなところがあり、自分の考えを形にするまでのパワーロスが相当ありました。下話の段階でヘロヘロです。で、結局反対されてデキナイ、なんてこともシバシバでした。そもそも、新しい事業を提案した人間は上司から面倒くさがられ、昨年と同じことを素直に遂行する人間が評価される。ある意味ヌルイ職場なのですが、ヌルイ人たちは、ヌルク仕事をするので、定時に仕事が終わらず、ヌルヌルと残業をします。私は、お先にと、先輩を置いてさっさと定時で上がっていましたが、これで評価は下がるのでした。残業=頑張っているということなので。

現在の職場はみんな定時であがります。ていうか、フルスロットルで働くと残業をする体力は残っていません。

なんか気持ちいいんですよね。みんなが1つのチームになって一所懸命働くわけです。スピード感もハンパない、ノロノロしていると置いてかれます。走って走って、で、17時30分になった途端、一斉に仕事を止めて帰り支度です。本当にその線引きがスゴイ。潔い。気持ちいい。心底、いいなぁと思う。この人たち、わかっているなぁと。私の場合、以前の職場との比較もあり、そんな仲間と一緒に仕事ができることがしみじみと幸せなのです。

 

<よかったこと その2>

「仕事のストレスがない。(疲れはあるけどね)」

仲間や組織との無駄な摩擦がないので、疲れはあるのですがストレスがありません。そうすると、仕事が終わるとすぐに気持ちが切り替わるのです。以前は、ストレスを引きずってしまい、夜眠れない日も少なくありませんでした。それで見る夢は仕事の夢。寝ていても仕事をしている感じで疲れが取れない。

でも今はぐっすり眠れます。また、気持ちが切り替わるので、アフター5に趣味の活動する気力が生まれました。心の余裕が趣味を楽しむ活力を生み出してくれるのです。

ちなみに、私はアフリカン太鼓を始めました。毎週水曜日の夜に、大好きな仲間と楽しく太鼓をたたいています。

 

<よかったこと、その3>

「日曜日の夜、サザエさんを見ても憂鬱な気分にならない。」

結構しんどかったんですよね~、サザエさんのエンディング聴くの。

「また明日から仕事だなぁ~」と落ち込んでしまう。軽いうつ状態ですよ。

まあ、あのまま仕事を続けていたら、うつ病になるのも時間の問題でしたね。

 

以上、①職場の人間が嫌いか、もしくは、大嫌い。②仕事のストレスを家まで引きずってしまう。③サザエさんを見ると憂鬱な気分になる。

この3つのいずれかが当てはまる方は毎日がとてもシンドイと思います。たぶん、生活の流れの中で慣れてしまって不感症になってわからないかもしれませんが、実際は、ご自身で考えているよりずっとシンドイはずです。その環境から離れてみて客観的にみるときっとわかりますよ。私も振り返ってぞっとしています。あのタイミングで転職してなかったら今頃どうなっていたかと。

①~③のようなことで苦しんでいる方、行動しないとずっとそのままなので転職に向けてお近くのハローワークに一歩踏み出しましょう。そして、パソコンで仕事を調べるだけではなく、窓口で直接相談することをお薦めします。今の仕事を継続しながらでも無料で相談できるので、是非‼