読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A-yoshiki'sブログ

~言葉の種まき~

増税前に、思い切って洗濯機を購入しました。

今日、コジマ電気で洗濯機を購入しました。

最近洗濯機の調子が悪かったので、消費税増税前に大人買い

日立ビートウォッシュの一番大きいやつ(10㎏使用)を買っちゃいました。

 

その時の価格交渉で、今までとはちょっとした変化が…

今までは最初に値段が書いてあって、その値段を見ながら近くの店員に「もっと安くならない?」と訊く。その店員が一度裏に行って価格を調整後、「ここまでならなんとか頑張れます。」と値段を提示する。でこちらが、「まあ、そんなもんかなあ~」となんとなく納得するやりとり。

でも今日は、そのやりとりの後、私がスマホを取り出して、価格ドットコムを見出しました。するとその店員が逆に私に訊きます。「インターネットでは、いくらになってますか?」と。

こちらが店員に価格を尋ねることがあっても、向こうから訊かれるのは初めてのこと。

なんか新鮮でした。

結局、インターネットの最安値より1,000円高い値段で落ち着きましたが、私はこの値段にとても満足しています。

一つは、私がこの商品の最安値を把握しながら、値段交渉できたこと。

これによって、現在の値段が他店との比較の中で相対的に安いのか高いのか評価できます。今まではこれがなかったので、「なんとなく安く買えたのかあ~」という半信半疑の中で自分を納得させていましたが、今回はちゃんと「最安値ではないけれど、それに1000円プラスの値段で、自分で納得して買った。」と具体的に言えます。

 

もう一つは、店員とのキャッチボールがあったこと。

先にも述べた今までのような値段交渉は、そこに対話があるようにみえて、実のところ値段を決めているのはお店側です。売る側が値段を決めることは至極当然なのですが、購入者にとってはモヤモヤが残るケースも少なくありません。逆に、その値段決定のプロセスに購入者の具体的な意見が反映されると満足度が大幅にアップします。

今回の場合で言えば、最初お店は、「125,000円までなら安くできます。」と言いました。これはお店が決めた値段です。それで私がインターネットでの最安値が、117,000円だと伝えました。するとお店側は、この117,000円を視野に入れつつもう一度値段を考えます。その結果、この洗濯機の値段が118,000円に決定しました。

この値段決定のプロセスに、私の意見(もしくは私が得た情報)が反映されていると感じることができます。このことがとても大切なことだと思いました。ここにはお互いの意見や情報のやり取りがあります。

特にこれからは、インターネットなどの普及によって情報がオープンになっていきます。そのオープンになった情報のキャッチボールのなかで折り合いを付けながら物事を決めていくことがお互いの信頼関係を構築し満足度を上げことにつながります。

 

そのためには、情報の大切さをもっと自覚する必要があると思います。インターネットの弊害ばかりに目を取られて、それを遠ざけているとこれからの社会では大きなハンデを背負うことになります。

私たちは情報を得ることの重要性を再認識し上手に活用していくことにって、よりシンプルに、より明快に生きていくことが可能だと考えます。今回の場合も、117,000円という根拠のある数字(インターネットという共通言語の中の数字)をこちらから提示することによって、値段交渉がシンプルで明快になりました。

 

そんなこんなで本日の高い買い物は納得感が高いです。

まあ、せっかく洗濯機を買うわけですから、スッキリといきたいですもんね。