A-yoshiki'sブログ

~言葉の種まき~

「よいこのみなさんは、くつをぬいであそんでください。」って言葉をまた見かけたので、喝です

今日、公共の施設に行ったら、標記のような言葉がありました。

こんな感じの言葉よく見かけます。

「よいこのみなさんは、マネしないでください。」

「よいこのみなさんは、この上にのらないでください。」などなど。

 

なんですかこれ。

この言葉の裏にある大人の思惑が見え見えで吐きそうになります。

 

大人の言葉に翻訳すると、

「おまえら、大人の言うことちゃんと聞いとけよ。ここで勝手なことすんじゃねーぞ。」

ということがいいたいわけです。でも言えない。親の目もあるし、大人の事情もあるし。

だから必要以上に下手に出て、子供やその親のご機嫌を損なわないように歌のおねえさん風に言うわけです。

「よいこのみなさ~ん・・・」って。

「よいこ」じゃなければ、くつぬがなくてもいいのかよ。

ってか、「よいこ」っていったい誰のことだよ。スゲー抽象的。

もっとはっきり言え。

「ここであそぶおこさんは、くつをぬいでください。」って。

これでいいだろ?

なんで「よいこのみなさん」限定なんだ。

 

大人のルールを子供に押し付けるときに、子供を持ち上げてご機嫌とるこのやり方は、サラリーマンの接待ゴルフ的偽善を感じます。

 

そんなの大人の世界だけにしとけ。